大阪医科大学神経精神医学教室

電気けいれん療法(mECT)専門外来

電気けいれん療法は、難治性のうつ病や統合失調症などに適応をもつ精神科専門治療法の一つで種々の薬剤に対する治療効果に乏しい患者さんに世界中のガイドラインで推奨されています。当科は麻酔科医の協力の下、手術室でパルス波型の通電装置「サイマトロン」を用いて行っています。また、多数の医師によるECTカンファレンスを経てその適応が決定されていますので、以前に見られたような乱用を防ぐようになっています。

当科では初診担当医師の診察を経て、適応があると考えられる患者様に専門外来受診日のご案内をさせていただいています。大変お手数ですが、まずは初診を受診された上で専門外来希望をお伝え下さい。

受診について

受診までの流れや連絡先はこちらをご確認ください。
(大阪医科大学付属病院のページが開きます)