大阪医科大学神経精神医学教室

教室の目指すところ

ごあいさつ


大阪医科大学神経精神医学教室(精神神経科)は、昭和27年の創設以来、まっとうな臨床能力を持った精神科専門医の育成を行ってきました。まっとうな臨床能力とは、時代に即した臨床面での常識・技能を有しつつ、かつ精神科臨床の基礎となる「患者さんへの優しい態度」を持ち続けている全般的な能力のことを指します。優れた技能だけでは血の通わない臨床となり、優しい態度だけでは良い治療成績を得ることは困難です。まっとうな臨床能力を身につける最初のステップをこれまで多くの先輩方がこの教室の研鑽からスタートして、現在もなお、多くの若き精神医学に強い興味を持つ医師たちが集い切磋琢磨しています。

我々の教室は地域に根ざした中核病院における精神科として大きな役割を果たしてきました。うつ病などの気分障害や統合失調症といった頻度の高い問題に加えて、さらに、さまざまな精神疾患を専門的に扱っています。認知症、中高生などの思春期における問題、性別違和(旧 性同一性障害)、電気けいれん療法、てんかん、rTMS治療(反復性経頭蓋磁器刺激療法)などで、これらの専門外来では多くの紹介患者を受けて診断や治療を行っています。また、身体の病気の治療中に発生した精神的な問題への対応(リエゾン精神医療)も積極的に行っています。

さらに、当教室は研究面においても歩みを続けています。臨床における疑問の解決といった立脚点から様々なアプローチ法を貪欲に学び続けて、多くの優れた業績を出し続けています。精神科遺伝学を基盤としながら、病態解明を見据えた幅広い研究活動をこれからも続けていきます。

これからもこのような活動をさらに進めて、まっとうな精神医学を通じて広く社会に貢献したいと考えています。

大阪医科大学総合医学講座神経精神医学教室 教授 金沢 徹文

未来を、高みをめざす教育を

当科の特徴は、伝統的な臨床精神医学を基礎として、プライマリケア精神医学と地域の基幹総合病院精神科としての総合病院精神医学の追求にあります。その際、精神疾患を生物―心理―社会―倫理的なモデルとして包括的にとらえ、偏りのない精神科、すなわち mindless psychiatry あるいは brainless psychiatry に陥らない精神科を目指しています。

精神科病床は43床で、精神保健指定病床を5床有し、措置入院への対応も可能です。また、大阪府精神科救急システムのなかで身体合併症治療の指定病院となっており、総合病院精神科として重要な位置を占めています。外来は、1日平均患者数は約 160 名であり、診療においては精神疾患全般にわたって対応しています。