大阪医科大学神経精神医学教室

大阪医科大学神経精神医学教室 専門医関連プログラム

専門研修プログラム概要

1.研修の実際について

本プログラムは年に4〜6名の専攻医を採用します。採用された専攻医は、1年目に大阪医科大学病院で研修を行い、あとの2年で11ある関連研修施設群を常勤医師としてローテーションし、プログラムを修了します。

基幹病院となる大阪医科大学の精神神経科は、大学病院精神科として40床のベッドを有し、 難治例、身体合併症例などほとんどのケースに対応しています。専攻医は入院患者の主治医となり、看護、心理、リハビリテーションの各領域とチームを組み、各種精神疾患に対し生物学的 検査・心理検査を行い、薬物療法、精神療法、修正型電気療法、クロザピン療法などの治療を 柔軟に組み合わせ最善の治療を行っていきます。
また、週1回行われる教授回診では指導医を中心としたグループディスカッションを行い、精神医学に関する広い知識を養っていきます。さらに、 認知症症例、思春期症例、身体合併症、コンサルテーション・リエゾン、難治性精神疾患の特殊療法(m-ECT、クロザピン)、性同一性障害やPTSDなどの研修も可能です。また、地方会(近畿精神神経学会)などへの定期的な発表や全国大会や国際学会への参加や発表を通じて研究・学会発表についても指導を受けることができます。なお、指導医は6名です。

2.関連研修施設群の病院について

関連研修施は以下の近畿圏の11病院となっています。
これらの病院では、地域精神科医療とともに、それぞれの病院に特色のある研修を行います。
なお、医師(専攻医)は当専門研修プログラムへの採用後、研修施設群のいずれかの施設と雇用契約を結ぶこととなります。

  • 新阿武山病院(大阪府高槻市)
  • 藍野花園病院(大阪府高 槻市)
  • 小曽根病院(大阪府豊中市)
  • 阪南病院(大阪府堺市)
  • ねやがわサナトリウム(大阪府寝屋川市)
  • 丹比荘病院(大阪府羽曳野市)
  • 新生会病院(大阪府松原市)
  • 瀬田川病院(滋賀県瀬田市)
  • 新淡路病院(兵庫県洲本市)
  • 赤穂仁泉会病院(兵庫県赤穂市)
  • 藍野病院(大阪府高槻市)

3.専門医取得後の進路について

専門医研修と共に精神保健指定取得が可能です。
さらに大学での研究を希望する専攻医は、 社会人大学院生として専門医研修を行いながら医学博士取得を目指すことができます。

専門医関連プログラム 募集要項

プログラム プログラム概要(PDFファイル)
研修年限 3年
応募資格 医師免許取得後、2年以上の臨床経験を有する医師
選考方法 書類選考と面接
待遇 契約職員として1年以内の契約(通算2年以内)
社会保険(健康保険、年金)・労働災害保険適用
固定給年俸制(年額約380万円/月額317,000円)
宿日直手当別途支給
アルバイト(兼業)可能
施設見学について 随時受け付け可能
応募先、採用お問合わせ先 大阪医科大学 医療総合研修センター
〒569-8686
大阪府高槻市大学町2番7号
TEL:072-684-7371(直通)
E-mail:ken000◯osaka-med.ac.jp(◯をアットマークに変更してください)

本専門研修プログラムは、日本精神神経学会による一次審査を通過したものであり、今後日本専門医機構による二次審査を踏まえて修正・変更があることを予めご承知おきください。

研究ローテーションの事例

本プログラムには都市部の病院のだけでなく人口減少地域の病院も対象としています。
また、専門性の高い治療法を学ぶことも可能です。

このため、地域性や専門性に縛られない柔軟なローテーションの選択が可能です。
希望によっては二年間同じ病院に勤務することも可能です。