大阪医科大学神経精神医学教室

教室の目指すところ

ごあいさつ

大阪医科大学神経精神医学教室は、昭和27年の創設以来、高い臨床能力を持った精神科専門医の育成を目指してきました。高い臨床能力を自分のものにするためには、精神医学・医療の基本的な知識を身につけ、新たな知見を常に自分のものにしてゆく姿勢が重要です。またこのような精神科医療の「サイエンス」の部分とあわせて「アート」として患者さんに寄り添い、精緻な症状の把握といった診療技能を高める必要があります。「アート」の能力は「サイエンス」を基礎にしながら、多くの診療経験と適切な指導によって培われてゆきます。自分自身の努力はもちろんのこと、細やかな指導によって、診療技能は精緻化されます。このような視点を重視した研鑽の場を当教室は提供しています。高い臨床能力を持った精神科専門医となるために、最初のステップを当教室での研鑽からスタートしてください。

このような人材育成としての教育とともに、臨床や研究にも力を入れています。附属病院精神神経科は、ストレスに関係した疾患はもちろんのこと、統合失調症やその他の精神疾患全般について、地域の中核病院として診療を行っています。なかでも、認知症などの物忘れ、てんかん、性同一性障害、睡眠障害、児童思春期の精神障害は、専門の医師が診療する特殊外来を開いています。

また身体の病気に関連した精神的な問題も持っている患者様への対応(リエゾン精神医療といいます)も積極的に行っています。研究面でも、精神疾患の生物学的基礎の上に、心理学的な要素や社会的な要因が加わって発症するという発症モデルから、精神科遺伝学を一つの柱として、病態解明を目指した幅広い分野の臨床研究を進めています。

これからもこのような活動をさらに進めて、広く社会に貢献したいと考えています。

大阪医科大学総合医学講座神経精神医学教室 教授 米田博

未来を、高みをめざす教育を

当科の特徴は、伝統的な臨床精神医学を基礎として、プライマリケア精神医学と地域の基幹総合病院精神科としての総合病院精神医学の追求にあります。その際、精神疾患を生物―心理―社会―倫理的なモデルとして包括的にとらえ、偏りのない精神科、すなわち mindless psychiatry あるいは brainless psychiatry に陥らない精神科を目指しています。

精神科病床は43床で、精神保健指定病床を5床有し、措置入院への対応も可能です。また、大阪府精神科救急システムのなかで身体合併症治療の指定病院となっており、総合病院精神科として重要な位置を占めています。外来は、1日平均患者数は約 160 名であり、診療においては精神疾患全般にわたって対応しています。